悩んでいる女性

衣装貸出

黒い服

結婚式の写真をご友人や親族の方にお願いするのもいいですが、プロの手を借りることを検討されてはいかがでしょうか。
親族や友人の方に撮影をお願いすると、撮影している間、その方は撮影に集中することになり、式を楽しむことができなくなってしまいます。
しかしながらその方はプロではないので、撮影のポイントを押さえておらず、ほしかった1枚を逃してしまうかもしれません。
プロにお願いすると、ポイントを押さえるのはもちろんのこと、本人たちも気づかなかった何気ない1枚なども撮影されているなど、プロならではの視点で撮影されています。
さらに技術に差が出るのはキャンドルサービスなど暗い場面の撮影です。
暗い場面を素人が撮影すると、きちんと写したつもりでもはっきり映っていないことがよくあります。

しかし、結婚式ではプロにお願いする以外にも楽しめる写真があります。
インスタンントカメラやを設置し、その場でゲストを撮影し現像したものにコメントをもらうととても楽しい思い出になります。
また、各テーブルに使い捨てカメラを置き、多くの人に写真をとってもらうと、さまざなな部分が残すことができます。
ゲストからのメッセージが聞こえるような表情の一枚が入っているかもしれません。
結婚式を動画で撮影するのも素敵な記録方法です。
しかし動画より写真のほうが手軽に見ることができるので、結局見るのはアルバムが多くなりがちです。
また、好きな場所に飾っておくことがでたり、年賀状などにも使えるので意外と写真が重宝することが多いものです。
結婚式ではゲストが撮影したもの、プロの手を借りたもの、それぞれの良さを活かした写真を残したいですね。